乱視・遠近両用コンタクトレンズの処方コンサルタント
トーリック・遠近CLコンサルタント

眼科集患コンサルティング事業。乱視・遠近両用CLの処方を確実に増やし、患者数増加・固定化につなげます。

Blu

HOME ≫ 市場状況 ≫

市場状況

0000463136.jpg

コンタクトレンズの市場状況は最近は市場全体としてはほぼ横ばいか微増となっています。
コンタクトレンズ市場は社会全体が高齢化社会になっていきますので、今後も横ばいと予想されています。その中で今後もまだまだ伸びが期待できるのが、乱視用と遠近両用です。

日本のコンタクトレンズ市場のシェアを見ていくと、使い捨てレンズが7割・ハードレンズが2割・コンベショナルソフトレンズが1割となっています。

ソフトレンズ全体では、球面レンズが80%・乱視用が10%・カラーコンタクトが2%・遠近両用が3%となっています。

ハードレンズ全体では、球面レンズが80%・乱視用が8%・遠近両用が6%・その他が3%となっています。

ソフトレンズの中での乱視用の割合は、欧米で平均3割・香港では4割あるようです。日本は10%程ですので、まだまだ成長の余地があると言われています。

2014年の乱視用コンタクトレンズの市場シェアが12%になったようです。少しですが、伸びているようです。ただし、この12%というのが全体シェアというのが気になります。ソフトレンズだけで伸びているわけではないのです。

使い捨てレンズのシェアが7割ある中で、使い捨てレンズの乱視用がどんどん伸びていかなければいけないと思います。

ソフトレンズの中での遠近両用の割合は、欧米で1割程度・日本はさらにその3分の1程度となっているようです。遠近両用はこれからまだまだ伸びる市場と言われています。

遠近両用はソフトレンズの中では3%程のシェアですが、伸び率は160%位あるようです。使ってみたいけども、まだ不安という方は数多くいらっしゃるようです。使い捨てレンズが日本で発売されたれから約20年が経過しています。当時20代・30代で使用していたユーザーが、現在は40代・50代となり老眼世代となっています。ニーズは確実にあります。

検査スタッフに話を聞くと、乱視用や遠近両用は高額のため勧めるのに抵抗があるようです。メーカーさんにも話を聞いてみたところ、他のクリニックでも同様の話が多くあるそうです。患者さんに高い価格の製品を紹介するのに遠慮があったり、自分の検査に自信がないよう思えます。

そこが潜在シェアは多くあるのに処方数が伸びてこない大きな要因ではないでしょうか。ユーザーは自分に合ったコンタクトレンズの紹介を待っています。

2015年8月よりMS法人設置に義務化がなくなりました。いままでは、スペースを区切って隣接しても、中で行き来ができないようしなければいけませんでした。新規開業時に余計な経費をかけないといけませんでした。構造上で壁を作ってとなると費用は大きくなります。

MS法人設置義務がなくなるれば、新規開業時の設計費用も抑えられるますし、既存のクリニックでも無理にスペースを確保していたならば、MS法人を廃止すれば、スペースを有効活用できます。省スペースのクリニックにはメリットが大きいと思われます。


〔HOMEへ戻る〕

対面販売とネット販売

ここ数年インターネット販売が伸びてきて、コンタクトレンズ使用者の3割がネット購入をしているようです。

理由としては、やはり値段です。ネットの場合は店舗を持たなくていいために、価格を安くできます。ただ、安いのは球面レンズが主です。乱視用・遠近両用はあまり安くなっていません。対面販売の販売店のキャンペーンを併用すると、大差がないようにみえます。

2015年の4月よりネットの状況が変わってきました。
ご存知の通り、国内市場ではJ&J社・クーパービジョン社・日本アルコン社がトップ3となっています。
元々クーパービジョン社はネット通販では購入できませんでした。

日本アルコン社がネット通販に対して値上げを行ったようです。さらにJ&J社も処方箋の提示のあるなしで、納入価がかわるようです。7月からネットでも処方箋の提示がないと2割位の販売価格の上昇とみられます。

対面販売は元々大手チェーンを含めほとんどが、処方箋に基づいての販売をしています。大手メーカー3社が対面販売を重視しているのが分かります。

いままでネットで購入していた人達が対面販売に戻ってくることになりそうです。ただ、対面販売も安売り競争をしているのは事実ですので、乱視・遠近両用に力をいれて他との差別化が必要です。

高度な処方技術・高度な商品知識・様々な提案能力を持ち合わせたところが勝っていくことになります。

お問い合わせはこちら

トーリック・遠近CLコンサルタント
☎︎ 050-6871-4458
メールでのお問い合わせ
メールでお問い合わせいただい方には素敵な特典があります。

モバイルサイト

トーリック・遠近CLコンサルタントスマホサイトQRコード

トーリック・遠近CLコンサルタントモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!